両親の離婚が子供に与えてしまう影響は?面会はどうなるの?苗字は夫と妻のどちら?

両親の離婚が子供に与えてしまう影響とはどのようなものか?

両親の離婚が子供に与える影響は色々あります。まず毎日一緒にいた家族が、ある日急に別れ離れになってしまうと、自分もいつかそうなるのではないかという恐怖心を持つようになり、精神的にも落ち着かなくなる恐れがあります。

またそうした不安を常に持ちながら生活している為、勉強にも集中出来ず、学校の成績が落ちる可能性もあり、卒業後の進路にも影響が出てくる恐れも否定出来ません。他に愛情が希薄になる事もあります。

一番身近な家族が別れ離れになる事で、どんなに愛情があってもいずれ壊れてしまうんだという考えが強くなり、友人をあまり信頼しなかったり、物に対しても愛着を持てなかったりする子に成長する恐れがあるので注意が必要です。こうした悪影響がある一方で、良い影響もいくつかあります。

まずそれぞれの親同士と関係が良くなるという点です。一緒には暮らせなくなったけれども、子供にとっては親である事には変わりはなく、それぞれと良い関係を作りやすくなります。

それから精神的に強くなるというのも良い影響の1つです。確かに両親の離婚は悲しく、深い悲しみを心に刻む事になります。

しかしそれも成長していく内に少しずつ癒されていき、自分の中でしっかりと消化し、そういう事もあると理解し精神的な自立も他の子供と比べて早くなる傾向があります。

離婚した場合は子供との面会はどうなるの?交流権はどうなるの?

夫婦仲が悪くなることは、子供にも悪い影響が出てしまうこともあり、離婚を決意する夫婦も少なくありません。

離婚をする際には財産分与や慰謝料など解決しなくてはならない問題がたくさんありますが、一番気になるのはやはり子供のことではないでしょうか。離婚すると、夫婦のどちらかが子供の親権を持ち、一緒に暮らすことになりますので、片方の親は頻繁に会うことは難しくなってしまいます。

離婚をした場合でも、子供と面会する権利、面会交流権はありますのでそのことについてもしっかりと話し合っておきたいところです。この権利では、子供と離れて暮らしている親が直接会ったり、手紙やプレゼントの受け渡しなどで交流を持つことができます。

当事者同士の話し合いによって面会交流の方法や場所、日時などを決めていきますが、当事者同士で話し合いが難しい場合は裁判所での解決も考えていくことになります。離婚する際には親権については決めておく必要がありますが、面会交流については特に決めておく必要はありません。

面会交流については、離婚協議のときに決めておく必要がありますが、それでもまとまらない場合は面会交流調停を行い、調停が不調になった場合は面会交流審判で決定をゆだねることになります。

離婚すると子供の苗字は夫と妻のどちらになりますか?

離婚後は3つの戸籍の取り扱い方があり、婚姻前の苗字の戻すのか、離婚前の苗字を継続するかを選択することで子供の苗字も異なります。

婚姻前の戸籍に戻す場合には、離婚届で元の戸籍にもどるにチェックを入れることで配偶者は婚姻前の状態なるので元の苗字になります。自分で新たに戸籍を作ることもできます。

この場合には離婚届に新しい戸籍を作るにチェックを入れ、本籍地として新しい住所を記入します。苗字を変えずに新たな戸籍を作る場合には、離婚後3ヶ月以内に手続きをすることで離婚後新たに作っても苗字を変えずに継続可能になります。

親権を得た子供と一緒に戸籍を出る場合、離婚後何も手続きをしないと戸籍や苗字は別れた配偶者のままです。子供の親権が母親にあるケースで考えると、母親と子供が父親の苗字のままのケースと、母親が旧姓に戻って母親と同じ苗字になるケースがあります。

父親と同じままにするなら、まずは母親が氏を継続することが前提で、子供の住所を管轄する家庭裁判所に子の氏の変更許可を申し立て、1週間程度で家庭裁判所から審判書の謄本が交付され、それを本籍地の役場に子供の入籍届を提出します。旧姓に戻すケースでは、母親は新しい戸籍を作って婚姻前の苗字に戻して子供を新しい戸籍に入れます。