実家暮らしはいつまで大丈夫?生活費は渡すべき?ストレスがたまる理由

社会人になって働いていますが実家暮らしはいつまで大丈夫なのでしょうか?

就職して社会人として独立した生活を送れるようになったら、実家を出て暮らすというのが当然とされています。一般的には30歳くらいまでを目処に一人暮らしをはじめるのが妥当と考えられていますが、いつまでという決まりがあるわけではありません。

就職したらすぐに一人暮らしをはじめたいという若者も多いかもしれませんが、必要性もないのに慌てて一人で暮らすことはありません。第一に家賃を支払わなければなりませんし、炊事や洗濯などをすべて自分でやることになります。

早く一人で暮らしたいという人も、仕事に慣れて経済的に少しの余裕がもてるまでは実家で生活するのが得策です。また、いつまでも実家で暮らしたいという人でも結婚して自分の家族が増えたタイミングで家を出るのが良いでしょう。

二世帯が同居するには狭い場合が多いでしょうし、精神的に自立するためにも一度は両親と離れて暮らすのが妥当です。社会人になって仕事をしながら実家で生活する場合は、自分の食費くらいは家に入れておきましょう。

そして、一人暮らしをやるようになったら、その食費も含めて家賃などを自分の収入で全て賄うことになります。働いて得た収入と生活にかかるお金のバランスが上手くとれるようになったかどうかも、実家を出る1つの目安といえます。

実家に暮らして働いているけど生活費は渡すべきだろうか?

実家に暮らしている場合生活費を渡すべきでしょうか。実家から仕事に通っているなら、家賃や光熱費を第三者から請求されることはありません。

子供が親の家に住むことは当然で自然なことなので、生活費を払う必要はないと考える人もいます。法律では親は子供を養育する責任があることが定められています。

それには衣食住を含めた心身共に成長できる環境を整えることは親の責任です。仮にその責任を果たさないと、育児放棄とみなされ罪を犯したことになります。

しかし養育が義務とされているのは成人までです。成人したなら養育する義務から解放されます。

そうなると成人した場合自分の衣食住を満たすことは、自分の責任であることになります。もちろん家庭によって様々な価値観やルールがあるかもしれません。

一般的には成人した人が、実家に暮らしており収入を得ているのであれば、生活費を払うのは当然と言えます。生活費をいくら支払うかは、家族と相談すべきです。

中には生活費をもらうのは悪いと感じる親もいます。特別な事情があって払えないこともあるかもしれません。

少額であっても生活費を払うことにより、自立していることを示すことができます。自尊心を保つこともできます。

実家暮らしをすることでストレスがたまる理由とは何?

実家暮らしをすると、家賃も必要ありませんし経済的な負担が減らせる一方で、ストレスがたまる理由が沢山あります。海外では子どもから大人になる過程で、親から離れて一人で暮らすことが自立だとみなされますが、日本でもそのように考える傾向が増えています。

そのため実家暮らしをしていると、まだ親に甘えて自立ができていない半人前だとみなされるので、それがストレスになってしまいます。その他には、実家暮らしをすると親からも早く家を出て独立しなさいとか結婚をしなさいと言われるようになることがあります。

特に結婚適齢期に差し掛かると、ご近所からの目が気になるとか、親戚の同年代の子が結婚したのに何をしているのかという会話が食卓にのぼりやすくなります。はっきりと指摘されなくても、結婚をしなさいという圧力を感じることが多くなるので、それがストレスとなる蓄積されることがあります。

実家暮らしは確かに気楽で経済的にも負担がないですし、親に頼れるという大きなメリットもありますが、ストレスが溜まりすぎるときは独立することも選択肢の1つです。そのためには先立つお金が必要になりますから、実家暮らしをしている間にしっかり貯金をすることが大事です。